品質管理理念

製品の品質には常に100点か零点かの二択だ。
製品の品質は絶対的なテーマであり、運任せには出来ない、折衷的な基準もない。品質管理において、100-1は99にはならない、-1の場合は全てが0になる。市場は戦場のごとく、ほんの少し局部的なミスが全体の努力を無にし、競争相手が攻め込む隙間を作り、挽回不能な致命傷になる事は多々ある。なので、先進的な市場が品質を求める時、弊社は製品品質において、不良品をゼロに、全身全霊で製造に臨む、製品のどんな些細な部分でも見過ごさないように完璧を作り出す。
我々の製品はISO9001とTS16949の基準に沿ったものである。商品の品質は厳格なコントロールシステムと十分に行き渡った管理によって保証される。世界各国のお客様の商品品質に対する高い要求に答えられるように、我社は不良品率ゼロの目標に向かって努力し続けていく。

品質管理の流れ

UMAG品質管理の流れ:弊社は製品が生産に入るまでの工芸設計と改良に注目し、APQPなどの品質管理手段を使用し、問題を発生する前から防ぐ体制が完成している。生産過程にはVDA6.3コントロールシステムに沿って、過程内の問題発生を限界まで減らす。問題を予測し、発生前に措置を取り、生産過程を通して問題の防止と解決を常に行う。全ての出荷に対して、弊社は二次検査を行い、不良品流出の可能性を更に減少する。
UMAGは日常的にサイズ、表面磁束密度、保磁力などの検測以外専門的な検査設備を設けており、お客様の実用に応じて検査と分析を行っている。
映像検測儀:形が複雑な製品のサイズと公差に関して検測し、磁石部品が他のパーツとより精密に組み立てることで、完成品全体の精度を上げる?
高温曲線検測儀:常温における性能の検測だけではなく、高温において性能にどのような影響が出るのかを検測できるため、違う稼動温度の基に磁石を使ったモータの輸出効率の違いも分析できる。
磁偏角検測儀:磁石製品の磁偏角に関して検測できるので、モータやセンサーに使われる磁石の磁偏角の数値が使用効果に影響があるかどうかを分析できる。 メッキー厚さ検測儀:メッキーに傷つかない前提で、メッキー全体の品質の測量を行い、製品の使用寿命を保証する。
HAST検測儀:磁石製品が極端な環境での使用状況を加速度で模擬できる。130℃高温、2.6Bar気圧、95%高湿度の検測環境で168時間の試験、つまりモーターの中の一般的な環境で15年と等しい稼動時間を経て、製品の重量損失が2mg/cm2以内を合格とする。剪切力検測儀:製品がモータなどの電機の中に組み立てられている時の、磁石と粘着剤の接着強度を検査できる。それで磁石応用製品の強度を計り、組立のコストの改良にも繋がる。

品質管理システム

1.統計過程コントロール2.測量システム分析3.失効パターンと効果分析4.製品品質前期計画5.生産製品許可プログラム。
SPC:数学と物理の統計方法を使った過程コントロールシステムである。生産過程に関して分析と評価を与え、フィードバックによってシステムにおける問題点を発見し、措置を取りその影響を消す。生産全過程をコントロール可能な状況で運営することで、品質の管理を実現する。
MSA:数学や物理的な統計法とグラフを取り入れ、システムの弁別率と誤差が測量される物体のデータにとって適切であるかどうかを評判し、測量システムの誤差の主な原因を確定する。
FMEA:製品の設計段階と過程設計段階で、製品を構成するシステム、部品、過程を構成する各工程を個々で分析を行い、潜在的な失効パターンを探し、それで可能な結果を分析し、予め必要な措置を取る。 FMEAはシステム的に製品の品質とその安定性を保証する活動であり、設計FMEAと過程FMEAが最もよく使われている。
APQP:製品品質前期計画として、TS16949品質管理システムの一部でもある。製品質量計画は構造化の方法である。APQPの目標は全ての関係者を結びつき、要求された手順の完成時間通りの納期である。有効的な製品品質計画は中高層管理者がお客様を満足させるという目的に対する承諾によって有効的になる。
PPAP:生産許可プログラム(Production part approval process)である。自動車工業がISO/TS 質量管理システムが必要とされる五つの核心ツールの一つである。主な作用として製品品質前期企画段階のフィードバックをまとめて評価し、それを基礎に生産過程に十分な品質コントロール能力を持ってお客様のニーズを満たす事を保証する。PPAPは生産過程のコントロールプログラムであり、品質管理のツールの一つでもある。

share us to
ご協業に関して