エコエネルギー

磁石は資源リサイクル市場にはとても大事な役割を果たしている。マグネット製品は風力発電、潮発電、水力発電に様々な可能性を提示している。磁石とその応用から生まれる解決案で、風力発電機のギアボックスを減らすこと、無くすことでさえできる。風力発電機はかなり極端な環境で稼働しているため、極端温度、湿度、風速、塩水噴霧試験に耐えられないといけない。

典型応用例

風力発電

磁石は資源リサイクル市場にはとても大事な役割を果たしている。マグネット製品は風力発電、潮発電、水力発電に様々な可能性を提示している。磁石とその応用から生まれる解決案で、風力発電機のギアボックスを減らすこと、無くすことでさえできる。風力発電機はかなり極端な環境で稼働しているため、極端温度、湿度、風速、塩水噴霧試験に耐えられないといけない。風力発電機は通常使用期間が2年と設定している。現在、小型風力発電機と兆級風力発電機は主にネオジムを使用している。なので、風力発電機の稼動状態は良好な温度安定性、耐食性と高度な均等性などが要求されている。

近年風力発電の市場がグローバル的に爆発し、メーカーはコストの削減、効率を上げ、そして瞬息万変の需要にデザインを更新し続ける設計力が求められている。風力ターボ発電機内部に適した永久磁石を使うことで風力から電力に転換する効率を上げることができる。それに、適切なマグネットを選択し、最もフィットなサイズに設計すれば、高温による磁力衰退を防ぐこともできる。

現在研究開発中の次世代風力ターボには、永久磁石発電機と軸方向磁気トレーラ接続装置が使われている。このデザインの目的は摩擦を減少する事を通して効率を上げることである。磁気トレーラ接続装置は現在たくさんの領域で使われているが、またそれ以上の可能性を秘めている。UMAGが提供する風力ターボ用磁石--高品質ネオジム磁石は現在大型商用風力発電機に広く使われ、発電システム全体の高効率と安定性に貢献している。

 图片9.png

電動車

電動車においても磁石は大事な役割を果たしている。マグネットはモータの重要なパーツであり、強い磁石とそれに巻きつくコイルでモータは構成する。電流の影響でコイルは永久磁石と正反対な磁場を生じ、磁石の同極嫌悪の規律でコイルは高速且つ穏便に回り続ける。モータはこの規律を利用して、同極嫌悪でお互いを突き放す力でコイルが高速回転し、車両の軸を牽引し、車を動かす。



応用製品
share us to
ご協業に関して