工業自動化

磁石は各種の業界、工業設備や製品に使われている。マグネット材料の核心元素はネオジム、フェライト、サマコバ、アルニコなどで様々である。それに、工業に使われる磁石応用製品はマグネットを金属、プラスチック、ナイロンなどの材料と組み合わせした製品である。主な応用は、モーター(DCモーター、ブラシレスモータ、ACモータなど)、センサー、風力/潮発電機、磁選機、磁気接続具、アクチュエータ、ポンプ、ジャック、スピーカー、イヤホン、CD ROM、AVD ROM、音響機材などの領域である。

典型応用例

この4種類の磁石材料は工業自動化産業によく使用されているが、それぞれ違う特性で使用環境と要求によって用途は分けられている。例えば、フェライトとネオジムはモーターと発電機によく使われている;アルニコの最高稼働温度が550℃~600℃までもあるため、各種類の工業測器に使われている;ネオジムと比べてサマコバは高温環境での使用に適しており、耐食性と耐酸化性が優れているため、国防工業、軍用工業、電子レンジ、センサー、磁石歯車、磁選機とモーターによく使われている。

サーボーモータ

 

永久磁石交流サーボ電動機は、同期サーボ電動機とも言われる。高性能なネオジム永久磁石を使い、磁石から離れた表面に高度な表面磁束密度を提供できる。交流サーボ電動機には専門的な表面磁石組立技術で、モーターに最大なトルクコン密度と最もタイトなサイズを齎す。

永久磁石は通常サーボモータの回転子として使われる、U / V / W三相電源が電磁場を支配し、回転子が電磁場の支配で回転する。エンコーダーがモーターからのフィードバック情報と目標値で駆動モーターを動かし、ローターの角度なども調整する。サーボモータの精確度はエンコーダーの精度による。

ACサーボブラシレスモータは同期モータと誘導モータの二種類が有り、運動コントロールは基本同期モータを使用する。高仕事率の条件で輸出量が多いので、慣性が大きい、回転率が低いなどの利点があるため、低速で安定性が求められる応用機器に適している。

電動機器の中で最も広く使われているマグネット材料は焼結ネオジムとサマコバである。焼結ネオジムは最も強い磁場強度を持ち、ローターに高度なトルクコンをもたらす。稼働温度が100℃から200℃まであり、耐高温性に優れているため、焼結ネオジムの中でも、H、SH、EHとUHグレードが比較的によく使われている。また、多くのモータはそれ以上の温度で稼働することも多いので、ネオジムと同レベルの磁場強度を持ちながら最高稼働温度が250℃~300℃まで上がれるサマコバが最優選択とされることが多い。

图片6.png

リニアモーター

 

リニアモータは主に自動コントロールシステムに使用される。特に長時間稼動する駆動モーターや短時間短距離で莫大なエネルギーを要求される機械に使われる。永久磁石リニアモータの磁場は伝統的な二次線巻の代わりに、電圧の波動を加えることで平穏安定な磁気力を出せる。構造がシンプル、接触点がないため消耗も騒音も少なく、スピードが早い、正確度が高い、組み合わせ自由などの利点がある。

主に

1.郵送荷物の分別選出システム;

2.自動原材料入れ出しのリードシステム;

3.電池分別選出システム。

 



応用製品
share us to
ご協業に関して