ネオジム
ネオジム   レアアース磁石として、ネオジムはランタノイド族合金であり、現在最も進化したビジネス永久磁石である。ネオジムは性能によって各グレードに細かく分けられ、様々な領域に使われている。ネオジムには焼結とボンドの二種類の成形方法がある。ネオジムボンドは焼結ネオジムと比べて最大エネルギー積が圧倒的に劣り、最大でも10MGOeまでである。 ネオジムにおけるUMAGの特長:1.一般的な焼結ネオジムも高性能なHast焼結製品も生産できる;2.ネオジムボンド製品に関して、プレス成形と射出成形も両方生産できる;3.ISO9001: 2000、TS16949などの認定を既に取ってある;年産量は3600トンに達している。     焼結ネオジムは粉末冶金工芸で作られる。その過程は、融合した合金を再度粉状にし、磁場に置いてプレス成形で形と磁極を決め、塊を真空の環境で焼結工程を経て最大限の密度に達する。磁石の保磁力を高めるため、通常は時効熱処理を行う。焼結ネオジム製品は機械加工で必要な公差に達する。低失重ネオじ: UMAGは最先端技術を用いてHast(高压加速老化测试)ネオジムを生産しており、ドイツの真空、日本の住友、アメリカのmag昆磁にも劣らないレベルに達している。     伝統的なネオジムとは、低失重性、磁石自身が持つ、メッキに頼らない高耐食性が決定的に違う。Hastネオジムはモーター、磁気接続具などに広く使われている。国際電機業界のHast基準に基づき、UMAGのHastネオジムは高温、高圧、高湿度テスト機の中、168時間後の重量損失<2mg/cm2、つまり磁石製品がモーターの中で10年以上持つと同等な強度を持っている。 Hastネオジムは特殊生産工芸で作られている:合金を熔かしてスライス状の固体にしてから、水素炉の中で粉砕し、自動プレス成形終わってから連続熱処理する。これで完璧に生産過程をコントロールし、製品が製造の過程で酸化されないことを保証し、高性能なHastネオジム磁石の量産に成功した。独占技術を頼りに、UMAGのHastネオジムは高度な耐食性を保つ、世界トップレベルに達している。
  • 钕铁硼

钕铁硼.jpg

share us to
ご協業に関して